想定科学ADVを2作遊んでみた。シュタインズゲート+カオスヘッド

更新頻度がちょっと落ちちゃってるなぁ・・・
もう少し頑張ろう。

さて、タイトルの通りで想定科学アドベンチャーシリーズを2作遊び終わったのでネタばれしない程度に感想でも。
ああ、そういえばシュタインズゲートはTVでアニメもやってますね!
元々継続して視聴するのが苦手なのでTVドラマとかアニメとかは全然見ないのですが、シュタゲは見てますw
ゲームを遊んだ後なので全く知らないで見ているのとはまた違った意味で楽しいです。

っと、話は逸れちゃったけど取りえずカオスヘッドから

カオスヘッド

詳しいストーリーは公式サイト等で見てもらうとして、簡単に言うと
引きこもりの高校生のオタク少年が非日常的な事件に巻き込まれて行く・・・って感じです。
猟奇的な殺人事件や殺人の描写なおがリアルであったりグロテスクであったりするのでZ指定です。
エロは殆どないですが、会話のネタやちょっとした描写は若干あります。

キャラクターデザインや構成等が所謂「ギャルゲー」なので好みは別れると思う。
実際に自分の場合はシュタインズゲートを先に遊び、しばらくしてからこのカオスヘッドを遊びましたので。
主に絵柄的な理由でw

感想はやっぱりシュタインズゲートの方が面白かったなーって印象。
途中までは結構いい感じで進行してドキドキハラハラしていたんだけど、後半に差し掛かり始めると
若干テンションダウン・・・メッセージもちょっと飛ばし気味にw
後半の展開や各キャラクターへのルート進行などが少々残念だった。
最終的には面白かったけど不満点も多かったなぁ・・・惜しいゲーム。

気になる点としては
インターフェイス系がやたらと重い。セーブやメッセージ飛ばし、メニュー呼び出し等が妙に重い。
あとは上にも書いたけど後半の展開や結末は少々残念な感じだったかなー
あそこまでしなきゃ駄目だったんだろうかw

とは言っても一気に遊び実績もコンプリートしてるのですがw
点数をつけるとしたら75点くらいかな。


次、
シュタインズゲート

主人公は厨二病の青年。自分の事をマッドサイエンティストと呼び、名前は鳳凰院凶真と名乗る(勿論偽名w)
講演会を観に行った主人公がその会場で起きた事件をメールで友人に知らせた事が切欠で物語は始まる。
まぁ細かい事は公式サイト等で。今はアニメもやってるので色々記事が出てきそうw

このゲームは発売日に予約して買ったんだよね。
ギャルゲーって言う人も居るけどキャラクターデザインが独特で
ギャルゲーっぽさが薄いのが成功した切欠のひとつなんじゃないかな~

タイムマシン、タイムトラベル等がテーマなのかな。
前半の展開について行けるかどうかは人を選ぶ気もするけどこのげーむは最後まで遊んで欲しいなぁって感じ。
結局はトゥルーエンドに到達しないと完全に楽しんだとは言えない。そしてトゥルーエンドが鳥肌物!
現在放送中のアニメがどんな展開になるのか気になるね。

感想としては
記憶が消せるならもう一度遊びたいゲームのひとつに入りました!(フォールアウト3も同様w)
前作のカオスヘッドもそうだったんだけど、ADVにありがちな選択肢が基本的に無いのが面白い所。
携帯メールに返信したり受信したり、電話に出る出ない等でストーリーが分岐、それが斬新だったなー
実際にはそんな複雑に分岐はしないんだけどねwそれは拍子抜けだった。
それでも前半から引き込まれる様な魅力はありましたね。

勿論不満点が無いわけでもない
主要キャラクタールートがもう少し欲しかったかなー。って贅沢かなw
トゥルーエンドへの分岐が若干分かり難いって所も不満って言えば不満。
カオスヘッドの方がその辺は良かったかな、分岐点までが長いから疲れたけどw

とりあえず一言







泣いた




点数はどんなもんかなー面白かったんだけど100点って程でもないなぁ~
まぁ100点付けられるゲームってあるのかな・・・このゲームに関しては90点位かな!

そういえば演出強化DLCが出てたんだっけ、どんなのなんだろう。
ソフト貸しちゃったから確かめようが無い・・・うーん、買うべきDLCなんだろうか。


想定科学アドベンチャーシリーズの第3弾が出るみたいですね。
今度は宇宙開発とかコンピューター関係っぽいね。
なんだろう、人工知能とか電脳世界とかそういう系統かなぁ・・・でもそれじゃ当たり前過ぎるか。
多分色々予想しても裏切ってくれるんだろうね、楽しみにしてるよ。
シュタインズゲート超えを期待されてるだろうから厳しそうだけどね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック