VEGA conflict:その2 序盤と施設

今日はある程度時間取れたのでもう少し記事を書いてみる

まず、日本人プレイヤーは少ないと言ったけど、このゲームは完全に日本語化されていて難無く遊べる
チャットウィンドにはいろんな言語が飛び交っているが、ゲーム自体は日本語で遊べる
多少おかしな所もあるかもしれないけど気にならないレベルです

ゲームを開始すると丁寧なチュートリアル+報酬があり、基本的な操作を習得できます
ストラテジーとは言っても戦闘はSTGに近い部分もあるので
RTSもSTGも好きでSF好きならどはまりしちゃうと思います
機動力のある艦船はあまり装甲が厚いとはいえないのでSTG風とは言っても避けるのは難しく撃沈しちゃいますが
操作に慣れると結構避けられますのでここは要練習ですね
そのあたりの説明はチュートリアルで覚えられるのでこのゲームの醍醐味は分かるんじゃないかな

で、チュートリアルが終わると一通りの施設が建っている状態になり
そのままゲームがスムーズに始められ、分かりやすく目的が把握しやすい良い感じになります


建造施設

ブリッジ
画像

基地の中心、破壊されると敗北する。アップグレードする事で他の施設の上限LVをアップさせられる
また、防衛兵器が装着可能です。

宇宙船工場
画像

いわゆる造船所。兵器の換装、艦船の製造等はここで行う。1つの作業しか出来ない
兵器の装着は不可だけど装甲は増強可能

艦隊ドック
画像

艦隊の収容場所で修理もここで行う。1艦隊しか修理は出来ないが、キャンセルする事で途中で別の艦隊を
修理する事が出来るので軽症の艦隊を先に修理する事も出来る。
その時の修理費差額は検証していないので不明です(´・ω・`)
アップグレードする事で艦隊の総重量が増加する

各種研究所
画像
画像

画像

技術・兵器・宇宙船の3つあり

兵器の研究:扱える兵器種が増え、さまざまな攻撃をする事が出来るようになる
宇宙船用と基地用は分かれていて別々に研究する必要がある

宇宙船の研究:製造できる宇宙船が増える。攻撃範囲や方向、移動速度、旋回速度等が異なる為色々作り分ける為、基本的には全部製造する事になると思う。当然上位機種の方がコストがかかるので運用には注意が必要

技術の研究:兵器の性能を上げたり各種シールドを生産できるようになる。ここの研究の度合いで有効な戦法が変わる為、吟味して研究する必要がある。
上位の研究には膨大なコストと時間が必要なので全部あげる事は良く考えた方がいい
いくらでも投資できる人ならば気にする事は無いが・・・

詳細はまたいずれ。

資源採掘施設および貯蔵施設

画像

陣地内に存在する小惑星から資源を採掘します。また、貯蔵施設の上限までストック出来るようになります
ヘリウム3とミネラル、アンチマターの3種存在して、アンチマターだけはやや貴重。
武装は出来ないが装甲強化は出来るが、結局は無防備なので守る事は中々難しそう

防衛施設

固定砲台
画像

基地防衛のメイン武装になり、防衛する為には強化は重要
武装により射程範囲が異なるので良く考えて配置しないと攻撃範囲外から攻撃される事になるので
射程が長いからといって全部それにすると一気に接近されて終わるので注意

固定機雷
画像

攻撃範囲内に入った宇宙船を破壊する。基本的には移動範囲を制限するために設置する
砲台の射程距離と組み合わせて移動範囲を制限する事により回避を難しくしたり
一気に接近できないように導線上に配置するのが有効だと思う

まだ1週間程度の知識なので色々的外れな事はあると思うけど自分の為のメモにもなるので
今後も更新予定です

対応プラットフォーム
android
(iOS)※今は出来ないみたいです
windows
の3つは選択できたのでおそらく遊べると思う

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック