VEGA conflict:その7 特殊兵装(スペシャル)を考える

後で修正する予定ですが、前回のシールド関係の話はちょっと違っていたみたいですね
属性が合わないと2倍のシールドダメージではなく、同属性だと2倍のボーナスという扱いみたいですね
まぁ、意味合い的にはあまり変わらないですが、数字的には違うので気が向いたら直します

で、今回はスペシャル兵装を考えて見ます。
ただ、色々な状況を考慮し過ぎて何でも開発しちゃうと研究時間もどんどん増えますし
基地LVもどんどん上がってしまうので狙われやすくもなりますので
中途半端に研究すると後で大変なことになりかねません。
ちなみに自分は中途半端に色々研究しちゃってます(駄目じゃん)

話を戻します

スペシャル兵装には色々ありますがそれぞれ使い道があり、状況限定ですがかなり協力な効果も期待できます
自分が好きな戦闘スタイルに合わせて研究するのが良いかと思います

画像

画像の編集は省略しました(´・ω・`)
まずは移動ブースト系等から

回転スラスタ
宇宙船の旋回速度を上げる。その代償に移動速度は低下してしまう。
バトルシップやデストロイヤーは死角が多いので対艦戦では有効な選択肢の一つかと
機動力があるフリゲート艦などにまとわり付かれると攻撃できなくなってしまうので・・・
クルーザー艦は攻撃範囲がとても広いのであまり必要はなさそうな感じではありますね


側転スラスタ
平行移動速度を強化する。機動力よりも回避を重視する場合には有効かなと感じる
フリゲート艦は元々の側転速度が速いのでそれを更に強化すれば
直進を上回る速度で平行移動可能。うまく使えば面白い感じがします
デメリットとして旋回速度は低下してしまうので注意は必要かと。

後部スラスタ
直進速度を強化する。機体の前方への移動速度を上昇させるので射程外に逃げたり
間合いを離したい時に有効。デメリットとして旋回速度は低下するので
間合いを離しても旋回中に追いつかれる事もありえる。避け切れない攻撃も
後部スラスタを装備すれば避け切れる事もあるので使いこなすと心強いかも


次はスペシャル兵装

画像画像

イリジウム磁石
投射系兵器の弾速を上昇させる。武器種にもよるけど意外と弾速が遅いのが投射系。
スラスタ強化して避けに徹した船には中々攻撃が当たらない、そんな事もある。
そんな時にこのスペシャル兵装を搭載する事でかなり弾速を上げられる。
艦隊戦では弾速上昇効果は高いので避けられてばかりの状況打破する為に装備したりする。


スイープランチャー
爆破系兵器の拡散範囲を拡張させる。ただし、弾幕が薄くなりダメージ効率は落ちる為重要度は低い感じ


フェーズ投射物
説明文の通り、シールドを貫通する。減退率は強化レベルによるけども効果は抜群。
ただし、弾速が遅い攻撃や遠距離からの攻撃ではそもそも攻撃が命中しない事も多くあるので
武装次第ではあまり効果は得られない。使いこなすには艦隊の操作にも工夫が必要に感じる


集中光学機器
エネルギー兵器の射程距離を拡張する。エネルギー兵器は射程が短いものが多いのでとても有効な選択肢
弾速が速い武器が多いので射程が延びる事は純粋なパワーアップに感じる。

イオンモジュレーター
エネルギー兵器のシールドへのダメージ部分を強化する。シールド破壊を主な目的にした場合の効果は大きい
射程が短い兵器が多いので使いこなすのは難しいかもしれないけど、盾兼シールド破壊担当のユニットを作ると
後衛の攻撃が活きて来る。まぁでも玄人向きだと思う。


AM弾頭
爆破系兵器の着弾、爆発時の爆風を拡張する。兵装にもよるけどかなり大きくなるようなので
ダメージ効率はあがる感じはする。単体のダメージが上昇するというよりは命中率が上がるので
結果的にダメージ効率が上がるイメージ。個人的には好きなので強化中。


最後に

どの特殊兵装も癖があり、一長一短なので艦隊全体に組み合わせて使うほうが効果は大きいと思う。
個人的にはイオンモジュレーターが力を秘めていそうな感じはするけどどうなんだろう?
また、特殊兵装は防衛兵器も同じものを開発できるので基地防衛でも色々悩みそうなんだよね
移動できない+射程が長い防衛兵器をどうやって強化、配置するかもこのゲームの面白い所なので
ゆっくり考えながら遊んでみたいと思う。

計画書を集めて行くともっと色々な物が手に入るかもしれないけど
今のところは先の事はわからないのでコモン兵装で頑張ります(´・ω・`)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック